--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/18

消滅箱の整理

今日は朝から雨なので消滅した巣箱の整理。
今年の春は巣枠2群他多数の群が消滅していた。
蟻酸やメントールの使い方が良くないのか消滅する群れが多い。
見るも無残な巣箱が多い中でこの巣枠箱は死骸もあまりなく巣枠にはきれいな巣板が残っていた。
自宅分蜂が始まれば消滅した数くらいは捕れるだろう。

P1090057.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私のアカリン対策は、メントールのみで、5月から、9月中頃までの継続投与を実施していますが、十分効果がありますよ。逆に、夏場に感染させてしまった群に、秋口の投与では、群としての駆除効果は、ほとんど期待できないようです。

No title

自分のやり方が悪いのでしょうね。
手持ちが多くて増えすぎて困るほどなのであまり気にはしていません。
何れは自然界に回復してくれると期待しているので自宅蜂場以外の巣箱からの分蜂は全て野山に帰します。

No title

越後ものずきさん

私のところの消滅群も沢山の蜜を残して消滅していました。
越冬用の蜜を食べずに死んだということでしょうかね。
秋口は、皆元気な群でしたのにね。

No title

貯蜜を沢山残っていたもの、ほとんど残っていなかったものなどさまざまでした。
なかなか難しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。