2017/06/30

南天

南天が開花し始めた。この花はミツバチが好むようでよく訪花している。

D5ZsQBkwCuEH9Af1498810147_1498810312.jpg
スポンサーサイト
2017/06/30

孫分蜂

6月9日に継箱した巣枠箱は孫分蜂するだろうと予想していた。
蜂友から連絡があり近くの家のクルミの木に蜂球が出来たとのこと。
私はもう要らないので蜂友に捕ってもらうように頼んだ。梯子をかけて無事、収容とのこと。
行ってないので画像なし。

近所の家からこぼれ種で生えていた朝顔を貰ってきて植えたが葉っぱの感じからセイヨウ朝顔かな?
朝顔だったらセイヨウでも何でもいい。

2qe1KSdrN_vfVLc1498821109_1498821417.jpg

2017/06/29

ツルありモロッコ豆

フジ豆、インゲン豆等いろいろ作ってみたがこの豆が1番と思っている。
大きくても筋がなく柔らかく天ぷら、サラダはもちろんオールマイティーの莢豆。
同じモロッコ豆でもツルなしは全くの別物でおいしくない。インゲン豆に近い?かな。
ちなみにソラマメ、花豆は気候が合わず当地では栽培しても育たない。

P1080331.jpg

2017/06/29

菜種のタネ

干しておいた菜種の種取り。9月初めに播く予定。後は手箕を使って空莢、ゴミを飛ばして終わり。
これだけ(2升くらいかな)あれば厚播きしなければ昨秋と同じくらいの場所に播けるだろう。

P1080329.jpg
2017/06/28

ガウラ(白鳥草?)

蜂飼いの定番のような花。自分でも沢山植えてあるが周りいくらでもある。
朝の比較的早い時間に訪花が多いようだ。

P1080324.jpg
2017/06/28

ウチョウラン(羽蝶蘭)

山野草に夢中になっていた頃、春蘭の株元に種を播いたもの。
いつの間にか春蘭は枯れてしまったがウチョウランは元気。
サツマチドリと交配している感じ。(サツマチドリかも)
その昔、このランを採取するために断崖絶壁に登って何人が命を落としたことか。

P1080326.jpg

2017/06/27

ユキノシタとミツバチ

巣箱を置かせてもらっている場所近くの家の横の石垣。これだけあると見事だ。
子供の頃には家の近くの川沿いの石垣などに沢山あったが最近はめっきり少なくなった。
写真を撮ろうとしたらものすごい羽音、まわりを見渡したがそれらしき木はなくユキノシタの花だった。
エー、ユキノシタに訪花している。ということは大文字草、人字草にも来るのかな?見たことない。

P1080321.jpg
2017/06/27

クリの花が満開

蜂場に大きなクリの木(丹波、丹沢など)が7~8本ある。
悪臭が漂うが良い蜜源樹であり秋には栗拾いが楽しめる。今年は1キロ500円で販売所に出そうかな。
枯れてしまったヌルデの木に設置してあるのはフクロウの巣箱だが今年も入居してもらえなかった。

P1080315.jpg
2017/06/26

自然群入居

今年初挑戦の蜂仲間からは「入ったようだ」との連絡が入ったので見に行ってきた。
待ち箱を置いたのが5月下旬だったので少し心配していたが今年は分蜂が長引いたのが幸いして見事、キンなしでの初挑戦初捕獲となった。かなりの強勢群のようだ。メデタシ、メデタシ。

P1080318.jpg
2017/06/26

スグリ

子供の頃はどこにでもあったような気がするが今はあまり見かけなくなった。
蜂場の片隅で赤い実をつけていたので何十年ぶりかで食べてみたがやっぱり酸っぱかった。

P1080312.jpg


2017/06/25

ゴーヤー

今年はあまり大きくならないコロッとしたタイプの苗を植えてみた。
細長いタイプは苦味が強いので植えないことにしている。

P1080306.jpg

2017/06/25

ジューンベリー

ブルーベリーよりも少し早く熟すがあまりおいしくない。ハチミツ煮にすると赤くてきれいだがブルーベリーの方が美味しいと思う。

P1080309.jpg

2017/06/24

プルーン

今年は割合実の付きが良いようだがこれからかなり落果する。
これも絶好の野鳥のターゲットになるが大きすぎてネットが被せられない。
野鳥も生きていかなければならないから食べさせてやるかな。

P1080311.jpg
 
2017/06/24

ブドウの手入れ

藤稔5間×3間、巨峰5間×3間のブドウ棚。ミツバチも1段落したので今度はブドウの整房をしないと。
1枝1房(太い枝は2房)にしてから1房を30~40粒位になるように摘果して袋掛け、防鳥ネット張りと結構手間がかかる。
植えなければしなくていいのに・・・と思うこともある。P1080304.jpg
2017/06/23

ズッキーニの誘引

昨年は支柱を立ててみたが上手くいかなかったので今年はキュウリと同じようにビニールヒモで誘引してみた。
茎の伸びに合わせてヒモを茎に巻いていくつもりだが葉が大きいのでやりにくい。今のところは大丈夫だがこの先どうなるか。

P1080303.jpg


2017/06/23

6月14日を最後に長かった分蜂シーズンが終わった。集結した巣箱の分散も終わった。遮光ネットも板もなくなった。
ミツバチライフの最大の楽しみが終わり気が抜けた感じだがホッとしたところもある。先日までの賑やかさがうそのようだ。

P1080305.jpg

2017/06/22

こだわりの茄子

ナスは1番成りはボケナスのようなものしか成らないので毎年1番花は切ってしまう。
2番成りが収穫できるのは何時かなあ。ナスの味噌炒めは大好物。
こだわりがありナスは「梨ナス」と決めている。別名「巾着ナス」「新潟黒十全」ともいうようだ。
収穫量は普通のナスの半分くらいかそれ以下だが味が良く特に「ナス漬け」は絶品。
京野菜「賀茂ナス」に勝るとも劣らずと自分勝手に決めている。トゲが鋭いのが難点。

P1080298.jpg
2017/06/22

巣枠の様子

5月23日に取り込んでからちょうど1か月。綺麗?に巣枠に添って造巣がすすんでいる。継ぎ箱はまだ先。

P1080299.jpg

少し遅くなったが今春に捕獲した巣箱にメントールを入れ始めた。どこまでダニが防げるか。これでダメならギ酸を使おう。

P1080300.jpg

2017/06/21

半分でない丸胴重箱

冬に作った桐の丸胴重箱、これは半分丸胴ではない。自宅分蜂群を取り込んだが今の所順調。

P1080295.jpg
2017/06/21

競演

クレマチスとサフィニアが咲き競っていますがミツバチは興味が無いようです。
クレマチスを絡ませているマユミは昨秋に井戸を掘るときに枝を切ってしまったので一からやり直し。
マユミは地味な花ですがミツバチが訪花します。


P1080297.jpg


2017/06/20

花の名前はわかりません

数年前に花を見て気に入り、枝をもらってきて挿し木をした。今年ようやく花をつけたが木の陰になっているせいか花付きが悪い。
ウツギの仲間?かなと思うのですがご存知の方は教えて下さい。

P1080291.jpg

2017/06/20

ギ酸で復活?のもう1群

先頃、ギ酸を追加した箱。少しづつだが出入りする蜂も増えてきている。秋までにどれだけの群になるかな。
中は見ていないがコンコンとノックすると反応する。

P1080294.jpg
2017/06/19

まだネットが寂しいが・・・

畑が狭いのでキュウリは這わせないで1本仕立て。下葉6~7枚までわき目を止め、それから上は脇芽を葉2枚で止める。
その脇芽を葉2枚でまた止める。これを繰り返すとあっという間にネットが一杯になって食べきれないくらい収穫できる。
でもキュウリはナスと違って寿命が短くすぐに終わってしまう。そのあとには秋野菜のアスパラ菜、聖護院カブなどを植える。

P1080288.jpg

2017/06/19

小さなビオトープ

玄関脇の畳1枚ほどの小さな池(枡)のスイレンの花。黄色、白も植えてあるのだがピンクの元気が良すぎる。
カエルもいる、糸トンボなどもやってくる。ボウフラ止めに金魚も6~7匹入れてある。

P1080290.jpg
2017/06/18

ホウレンソウの収穫

もう少し大きくなってからでもいいが、かなり混み合っているので間引いてやった方が早く大きくなる。

P1080287.jpg
2017/06/18

半分丸胴重箱

半分朽ちた桐丸太を貰ったのがあったので6段重箱を作ってこの春の自宅分蜂を取り込んでみた。
今の所すこぶる元気なので満杯になったら上に継箱をする予定。
昨年から桐丸胴を使い始めたがやはりスムシに穴をあけられにくいようだ。

P1080286.jpg


2017/06/17

ズッキーニの初収穫とルッコラ、ラディッシュ

ルッコラとラディッシュは畑に植える程のものではないのでコンクリート枡に種を播いているが良く育ってくれる。

P1080284.jpg

2017/06/17

巣箱移動

分蜂が終わった群なので巣が落ちる心配はないだろう。

P1080285.jpg
2017/06/16

箱トマトハウス

巣箱を置かせてもらっている所のすぐ脇にハウスができて、現在苗の植え付け作業中だ。
500箱、1,000本との事。肥料、水の管理は全てコンピューターがやってくれるらしいが収穫はコンピューターではできないようだ。

P1080276.jpg
2017/06/15

めだかの日除けに

ウドを採りに行った時にコゴメを採ってきてメダカを入れてあるスイレン鉢に入れみた。
夏の日除けになってくれるかな?ヒメオモダカは日除けにはなりそうもない。P1080252.jpg