FC2ブログ

八色の森つづき

雪遊びの広場。もちろん雪ではありませんが雪に見えますよね。
トランポリンのようになっています。

DSCN0466.jpg

ハマナスの実。公園事務所の許可をもらってジャムを作るつもりです。
絡み付いているヤブガラシは邪魔物ですが蜜源にはいいようです。

DSCN0442.jpg

スポンサーサイト



八色の森つづき

池に架かっている橋は浮橋です。渡ると少しゆらゆら。

DSCN0481.jpg

当地では見られなくなったヒシが繁茂しています。花は小さく目立ちません。

DSCN0418.jpg

池の端にあるのは長岡造形大学生の作品ですが芸術のセンスがないので何を表現しているのかチンプンカンプン。

DSCN0464.jpg

DSCN0480.jpg


継ぎ箱しないで

分蜂後に採蜜をしていないので4段がいっぱいになって蜂が外に出ている。
4段目をノックすると「満タンです」という返事が返ってきます。

DSCN0483.jpg

DSCN0486.jpg

これに継ぎ箱するのはロープホイストを使わないと私には無理。
越冬箱なので採蜜しても巣落ちの心配はないが面倒なので上に継ぎ箱。

DSCN0484.jpg

DSCN0487.jpg

八色の森のつづき

懐かしい古い民具や農具を集めて展示しています。

DSCN0467.jpg

湿原を再現したエリア。サワギキョウなどの湿原植物が植えられています。

DSCN0447.jpg


DSCN0446.jpg

シモツケもあちらこちらに咲いています。ミツバチが好みそうです。

DSCN0448.jpg


八色の森つづき

池田記念美術館。館内からは越後三山の霊峰「八海山」が水面に映ります。
越後の地酒ブランド「八海山」は御存知でしょうか?

DSCN0458.jpg

DSCN0459.jpg

池の周囲には水辺の植物の盆花(ミソハギ)、サワギキョウなども植栽されています。

DSCN0462.jpg

プロフィール

Author:越後ものずき
「越後ものずき てもずら雑記」へようこそ!
山野草に15年、犬に15年、退職後はニホンミツバチにハマっています。
始めて40年になる自家用野菜を作りながらのてもずら養蜂です。

最新記事
八色の森つづき 2019/08/03
八色の森つづき 2019/08/01
継ぎ箱しないで 2019/07/29
八色の森のつづき 2019/07/27
八色の森つづき 2019/07/25
最新コメント
カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR